睡眠は身体の身心の休息や体の細胞レベルでの修復、
記憶の再構成など高次脳機能にも深い関わりがあると
されています。

下垂体前葉は睡眠中に2時間、3時間の間隔で
成長ホルモンを分泌します。

放出間隔は睡眠によって変化しませんが、
放出量は多くなります。

なので子供の成長や創傷治癒、
肌の新陣代謝は睡眠時に特に促進されます。

睡眠不足は身体にとって
ストレスであり睡眠が不足すると
生命にとって大切ないわゆる「免疫力」、
「自然治癒力」などに悪影響があり、
成長ホルモンの分泌にも悪影響が及ぼされます。

乳幼児、幼児、青少年では身体の成長にも
悪影響があります。

睡眠不足では胃や腸の調子が
悪くなる人も多いです。

顔がむくみ、血色が悪くなり、
人によっては土気色のような顔色になります。

だからこそ眠りの常識を変える
高反発マットレスで快適な睡眠を
確保する必要があるのですね。

ぜひ試してみてはいかがですか?